エフェクターを試聴してみる

Tech21 SansAmp Bass Driver DI

Tech21 SansAmp Bass Driver DI

プリアンプというより、歪みエフェクターとしての色合いが強い、
サンズアンプベースドライバーDI。

芯のはっきりした低音が、まっすぐにズドンと出てきます。
そのため、音抜けは抜群にいいです。

歪みはバリッとした感じで、歪ませても芯のしっかりした音が出ます。
歪んだ音を原音と合わせて出力、さらにミックスバランスも任意に変更可能。
このあたりは、さすがベース用の定番エフェクターです。
ちなみに、歪みは軽くかかる程度で、
めちゃくちゃに歪むタイプのものではありません。

PRESENCEという、他のエフェクターではあまり見かけないつまみがあります。
これは、TREBLEよりさらに上の、超高域を調整するもの、
と考えてもらっていいです。
PRESENCEを上げると、バキバキした音になるとともに、ノイズも増えます。

イコライザにミドルがありませんが、
そもそもこのエフェクターは、ミドルがスコッとなくなります
つまり、ドンシャリ気味になります。

輪郭がはっきりしていて、間違いなく使いやすい音なんですが、
同時に、好き嫌いの分かれる音かもしれません。
パッシブのベースでも、パッシブっぽさがなくなるんですよね。
木の音みたいな温かさがなくなるというか。
完全に、クールな音。
別にそれが悪いというわけではなく、あとは好みの問題。

欠点は、どうしても、ベースドライバーっぽい音になってしまうことです。
イコライザでどうにかなるものではありません。
個性的な音を出したいという人には、向いてない気がします。

キワモノを求めるのであれば、違うと断言できますが、
王道を求めるのであれば、おすすめできます。
操作系も変なクセがなく扱いやすいですし、
使える音が手軽に出せるので、重宝するエフェクターです。

Copyright © 2008-2011 ベースギターという機械 All rights reserved.