エフェクターを試聴してみる

Proco RAT2

Proco RAT2

ディストーションの定番、プロコのラット。
ちょっとファズっぽい。

個性的なエフェクターです。
やたら歪むディストーションですが、
その割に、ピッキングニュアンスに忠実な音が出てきます
歪みものの宿命である音やせも、あまり感じられません。

音は、中域志向で太いです。
逆に言えば、中域に寄っている感があります
歪み自体は粗く、ザクザクしています。
DISTORTIONを上げすぎると、すぐに低域がつぶれます。

FILTERつまみは、右に回すほど高域がカットされていきます。
いわゆる、ローパスフィルターみたいな感じ。
通常のトーンコントロールとは、逆のイメージです。
上げすぎると、こもってモコモコになります。
かといって絞りすぎると、非常に騒がしい音になります。
つまみのレンジが極端なので、使える音の調整幅は狭いかもしれません。

ノイズは、結構出ます。
FILTERの調整で、ある程度は抑えることができます。

また、ジャックの形状が特殊なので、
ACアダプタ使用の際は、変換プラグが必要になります。

BOSSのエフェクターのように、万人に扱いやすく作られている感じはしません。
ただ、出てくる音に関しては太く、かつ個性的で、
同価格帯の他製品にはないものがあります。
求める音にもよりますが、BOSSの歪みでどうしても音やせが気になるくらいなら、
RATを試してみるべきだと思います。
出音に対するコストパフォーマンスは、間違いなく高いです。

ちなみに、RATは中低域が出るので、
ベースで使える歪みエフェクターの代表格でもあります。
歪ませても、比較的音の芯が残っているというRATの特徴が、
ベースに合っているんだと思います。

ただし、もともとベース用として作られたエフェクターではなく、
前述の通り、音が中域に寄ってしまう傾向にあるため、
低域がドン、と前に出てくる感じはありません。

でも、それを差し引いても、面白いです。
ものは使いようです。

Copyright © 2008-2011 ベースギターという機械 All rights reserved.