エフェクターを試聴してみる

electro-harmonix Big Muff

electro-harmonix Big Muff

エレハモの代表作とも言えるエフェクター、ビッグマフです。
名機です。
ファズのような、ディストーションのような。

歪み自体は、荒々しいわけではなく、
ジュワーとした炭酸飲料のような、きめの細かい、丸い音です。
無駄すぎるほど歪み、サスティンも永遠なんじゃないかというぐらい伸びます。

ものすごいボリュームの中低域で、とにかく太い音が出ます。
なんだか、空気をたくさん含ませているような感じの音です。
逆に、高域はあまり出ません。
全体的に温かい音で、どこか生もののようです。

エフェクターの性格としては問題児で、
ブーミーすぎて音抜けが悪いため、使い所が難しいです。
さらに、音の立ち上がりが遅く、和音の分離感にも乏しいため、
フレーズによっては、何を弾いているのかわからなくなります。

本体サイズも名前のとおりやたらデカく、
一般的なエフェクター2個分以上の場所を占拠します。
新品購入すると、木箱に入ってやってくるのでびっくりします。
その割に作りは雑で、天板はへこみそうだったり、ネジ山は舐めてたりします。

ACアダプタのジャックも特殊で、
イヤホンのミニプラグのような形状のものです。

いたるところにアメリカンな匂い満載で、見た目も無骨ですが、
音自体は繊細で、耳に心地よいものがあるので、憎めないエフェクターです。

Copyright © 2008-2011 ベースギターという機械 All rights reserved.