エフェクターを試聴してみる

BOSS ODB-3

BOSS ODB-3

BOSSのベースオーバードライブです。
ベース用のオーバードライブとしては、
最も目にする機会の多い機種だと思います。

これ1台で、原音とドライブ音をミックスして出力できます。
混合バランスも、任意に調整することができます。
そういう意味では、器用なエフェクターです。

歪み自体はちょっと特殊で、シュワシュワいいます。
GAINを絞りきっても、結構歪んでいます。
正直、歪みすぎです。
歪んだ音には、輪郭もなく、芯もないので、
ドライブ音だけだと、はっきり言って使えないエフェクターだと思います。

このエフェクターは、
原音とドライブ音の混合量を決める、
BALANCEつまみの使い方が肝だと思います。
DRYに回しきると、硬く締まった音が出るので、
これはこれで使い手がありそうです。

原音の基礎があった上に、歪みを添え物的に使えば、まだ活用できます。
とはいえ、原音とドライブ音の分離感には、拭いきれないものがあります。

逆に、そこを完全に割り切って、DRY音だけで使用すれば、
そこそこ使えるエフェクターなのかもしれません。

一般的なBOSSのエフェクターが持つイメージとは違い、
決して使いやすい感じはしません。

Copyright © 2008-2011 ベースギターという機械 All rights reserved.