エフェクターを試聴してみる

BOSS MD-2

BOSS MD-2

BOSSのメガディストーション。
よく歪むディストーションです。

ただひたすら歪むだけというわけでもなく、ピッキングニュアンスがよく出ます。
音量に反応して歪みの量が変わるのは、
ハイゲインタイプのエフェクターとしては珍しいと思います。

歪みは、無機質で乾いた感じの音です。
ずっとMD-2の音を聴いていると、本当に喉が渇きます。
ちょっと平坦なので、音の輪郭がはっきりしにくいかもしれません。

歪み量を調節するつまみが2つありますが、
DISTを絞り気味にして、GAIN BOOSTで歪み量を調整したほうがいいようです。
DISTを上げすぎると、一段と音が薄っぺらくなります。

TONEの効きはとても良く、思った以上に幅広い音色が出せます。
もともと低音がよく出るエフェクターですが、
さらにBOTTOMつまみで低音を調節することができます。
でも上げすぎると不自然になり、音がこもります。

ちなみにMD-2は、BOSS歪みの中でも、
ベースでも使えるエフェクターのうちのひとつです。
他のBOSS歪みと比べても、音やせが抑えられているほうではありますし、
ベース用のエフェクターではないこと、さらに価格を考えても、
かなり優秀な部類に入ると思います。

とはいえ、実際にベースで使用すると、やっぱり音やせが気になります。
きらいな音ではないんですが、抜けてきにくいんですよね。

Copyright © 2008-2011 ベースギターという機械 All rights reserved.